今が1番若くて綺麗なのです^^

2014年10月25日 土曜日

ここのところ、お客様にほめていただくことが多々あり、人様からほめていただくのは本当に嬉しいものです。

特に同じ女という性を生きている同性からほめられるのは特に嬉しいですね^^

でも、その言葉の中で、ううん、それは違う、ということもあるのです。

今日の同い年のお客様の言葉。

「今の歳でそんなに綺麗なら若い頃はどんなに美しかったのでしょう?」

いいえ、若い頃の私はちっとも美しくなどなかったです。

コンプレックスの塊りであり、人をうらやみ、ギスギスして、気の利いた言葉もいえず、自分に自信など全くなかった。

でも、今は違います!
自分勝手な自信を持ち、人を羨ましいと思うこともなく、自分がどんなに幸せであるかを自覚して、美しく生きる、ということを実践しているのです。

その思いは身体中を包み込み、なんとなく美人オーラがでているだけで、顔かたちが美しいのでは決してありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

歳を重ねて、シワもあり、シミもあり、あごはたるみ、髪は白くなる。

でも私は今の自分の顔が1番好きです。 若い頃のように、ここがこうだったら、あの人のように美しくなりたい、などと思うことももうないです。

昔がどうこうなど今の自分にはなんの関係もないこと!
自分という存在は今、しか生きてないのですから、この瞬間が自分の人生で1番若い瞬間なのです。

数年前に自分の人生に大きな決断を下してから、本当の自分をやっと生きれ、人様をうらやむ、ということが皆無になってからどんどん自分が輝いて行った気がします。

自信を持ちましょう!
「自分は誰よりも幸せで、美しい。」その思いは自分をもっと輝かせる魔法の言葉になるはず^^

お洗濯、あなたは1日何回?

2014年10月22日 水曜日

先日、従姉妹女子会を開催したときのこと。

かつて家庭用洗剤、ヘアケア用品等の某企業に勤めていた従姉妹が、今独立し、モニターアンケートの仕事をしているのですが、

日本人家庭では洗濯は1日2回以上しているのよ!という調査結果を聞き驚き!

だって私は絶対1回で済ましてしまう、長い家事生活の中で2回洗濯機を回したのは数回です。

聞くところによると、洗濯機を1日に数回まわすのは日本人だけなのだとか。

 

洗濯ってCMなどからふんわり花畑のイメージでしょうか(^.^)

洗濯ってCMなどからふんわり花畑のイメージでしょうか(^.^)

 

水が豊富な国である、ということも関係してはいるのでしょうが、神経質に綺麗好きであることや、旦那さんのは分け洗いであるとかも・・。

しかし1番の原因は量が多い、ということらしいです。

でもな~、、洗濯機の容量も結構なものだし、1日に何度も何度も洗濯しなきゃいけないほどの汚れ物って??

うちはボディエステサロン、1回に使うタオルの枚数はお1人に対し、7~8枚。

ガウンも毎回取り替えになりますので、1日3人様受け入れが限度。

そういう時ははさすがに別洗濯となりますが、普通の家庭で複数回洗濯機を回すというのが、どうしても理解できず、ほぼ9割の家庭がその状態であることに

家事簡素化派の私にはただただ驚きだったのです。

皆さんの家庭はやはり1日2回以上の洗濯ですか??|ョ・ω・`) ちょっと気になる~^^;

 

 

やっぱり睡眠、すべて解決(^^)/

2014年10月20日 月曜日

ストレスを感じたり、不安やいやなことがあると眠れない、っていうのがごく一般的ですよね。

私の場合も軽いストレスならそうなるんですけど、そう、あれこれ考えをめぐらせたりしてるうちに

眠れなくなっちゃうんです。

でも、普段、変化のない生活をしていても逆に寝つきが悪くなったり、少ない睡眠時間に身体が慣れて

それが普通になったり、、なかなかいい睡眠というのを取れなくなっていたのです。

が・・。

極度のストレスがあると、私の場合、すごくよく眠れちゃうってことに気がついたのです。

そのストレスとなる原因によってもまた違うのでしょうが、起きていると嫌なことに触れなくてはならぬ。感じなくてはならぬ。 なら寝よう! って寝てしまうと、毎朝を迎えるたびにどうでもよくなってきて、つまらないことに右往左往している自分がバカバカしくなってくるのです^^  これ、自然の摂理、身体や精神にダメージを受けないようにちゃんと守ってくれてるんだなって思います。

今、悩んでるお友達、そこ、もういいじゃない? そう思えないかな?

生きているといろんなことがあり、いろんなことにかかわっていて、自分はなにかひとつのこと、1人の人のために生きているわけでもなんでもなくて、愛してくれる人はたくさんいて、愛している人、モノもたくさんあって。

自分を必要としてくれる人もたくさんいて、必要とおもう人、モノもたくさんあって。よーく周りを見回してみると、気にも留めていなかったこと、どうでもいいとスルーしてきたことに対して逆に、あ、自分をこんなに必要としてくれてたんだな、って気づいてみたり。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人はひとりでは生きられない。日々誰かとなにかとかかわって生きています。

買い物にいってもお店の人、レジの人、その先にいろんな人達がいて普通に商品を手に出来るわけです。

みんながそれぞれの場所で、それぞれの役割を果たし、必要とされて生きているのです。

寝ちゃえばまた陽は昇るわけで^^

早くに寝たらお肌はピカピカ、これだけでも儲けもの!なぜか夜中に目覚めることもなくなりました(^o^*)/

で、早朝に目覚めたりはして、こんな朝陽の写真を撮れたりして。

しかし。。夕陽は何度も撮ったけど朝陽って難しい>< 雲のない朝、のっぺりとおぼんのような太陽で、これスマホで撮ったほうが綺麗だったかも?の初朝陽写真です(´∀`*)テヘペロッ

その手、老人斑・・?!

2014年10月16日 木曜日

夏だけでなく、1年を通して常に紫外線にさらされてる場所といえばどこでしょう?
もちろん、顔、これは隠して歩くわけにはいきません。

が、もうひとつ、手の甲もいつも外向けてる場所なのですよね。

顔はいつも鏡で見ている、手の甲もいつも見ているはずなのに、何気に目を落としてハッ!

このシミの名前、「老人性色素斑」(@_@)

名前聞くと倒れそうになりますよねーー><

このシミの原因は長年浴び続けた紫外線が時間の経過に伴い現れてくるもの。

薄茶色の楕円形を自分の肌に発見したらそれは老人性色素斑。

日本人では40代前後、アウトドア派の方ならなんと20代後半から薄茶色のシミができていくのですね。

20代で老人性ってかなり萎えますが、紫外線の影響で肌細胞が老化・変質し、ターンオーバーの乱れからシミが排出されずに皮膚に残ってしまうのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

美しく着飾っても、ネイルをしていても、ふと出した手の甲に老人斑があったりしたら、がっかりですね><

手の甲はターンオーバーが活発でなく、角質層も厚いので皮膚浸透が難しく美白剤でも思うような効果は得れません。

ちょっと宣伝ですが、うちのサロンではこの手の甲の美しさを取り戻す、ホワイトピーリングクリームを取り扱ってます♪

お値段も30g、2600円とリーズナブルですので、1度お試しくださいね(^o^)♪

半日陰がいい感じ

2014年10月15日 水曜日

台風あと急に冷たさを感じるようになりましたね。

庭カフェがいい感じなのですが、1人カフェも寂しい。

不思議ですね、春は1人でも心ウキウキと木々の芽吹きを感じたりしていたのに、同じ気温でも秋は

寂しさを感じるなんて。

日当たりの良い庭を手に入れたいと庭を造るときに思っていました。

が、日当たりの良すぎる、眺望のひらけた庭は実はのっぺりとして趣きがないのですね。

木漏れ日の下や、建物の陰でこそその美しさを放つ植物もたくさん。

いつもいつも眩しい太陽にむかって咲く花だけが美しいのではありません。

庭も、ほっと安らげる日陰があるからこそ、深みが増していく気がします。

横浜・秋15

 

光と影はいつも隣り合わせ。

疲れたら、少し、日陰に入って休みましょう^^

人間関係もそんなものかもしれません。

光と影と。

その絶妙なバランスの中でこそ、うまくいくものなんでしょうね。

page top